一番重要な点は?

通夜の式場選びは、冠婚葬祭の中で、かなり悩むものだといいます。大体の
会館での葬祭となりますが、海など違う場所になることもあるようです。昔みたいに、多数の人を集め、盛大にするお葬式と言うよりも、しめやかに親せき規模で、葬儀が行われる事も多いようです。また、かつて結婚式場だった式場を改装した、旧家のような斎場もあるようです。いずれにしても、亡くなられた人がどんな葬儀を好みかが、一番重要な点です。

[冠婚葬祭] All About|マナーや礼儀作法の基本を紹介

通夜へ行く際はまずは、香典を持ちましょう。
香典は急な不幸で負担が増えるご家族への、手助けの意味と、故人へのお供えという意味が、あるそうです。香典といえば金額のきまりがあり、その額は故人との親密さから、大概決まっています。更に、通夜と葬儀のどちらも参列する場合には、葬儀当日に香典を渡しましょう。香典の平均は、渡し方などは始めにちゃんと調べて、参加するといいでしょう。

冠婚葬祭のシーンでは、衣服にも靴も規定があります。特別葬祭での履物は、違えば失礼に当たります。
葬式の場合の靴は色は黒を選択し、光沢などのものは避けるべきでしょう。そして、飾りがついているものも控えて、ペタンコではない物をチョイスします。サンダルは失礼に当たりますので、まずは避けないとだめです。そうして、悪い印象のファーなども、注意しないといけません。TPOごとに、カバンを合わせて選びましょう。